良いルーチン 悪いルーチン

Sensitivity , 2010 - 2022

ぼくはくりかえす
だから安心で「良いルーチン」ができるととてもいい
「良いルーチン」は ぼくのきもちも体の動きも つつがなく流れるようにいく

ぼくはひとりでできることに限りがあるから 一緒にいるひととルーチンは完成する
「良いルーチン」
きもちよく しあわせな感じ
これはぼくだけじゃなくて 一緒にいるひともそう感じてくれていると思うんだ

だけど思いがけなく「悪いルーチン」が出来上がってしまうことがある

「悪いルーチン」が出来上がるときは ぼくのきもちも動きもちぐはぐで
一緒にいるひととの関係は冷たい波風が立っている
とげとげしく 息苦しい「悪いルーチン」が完成してしまう
なんでだろう いやだな 助けてほしいなと思いながらもくりかえすしかない

一緒にいるひととルーチンは完成する

こんなことをルーチンになるまで なんでやらなくちゃいけないんだろう
わかってもらえない 悲しみと怒りと混乱がぼくの心にひそんでいる
でも そのこころの中はそのひとには感じとってもらえない