同化

Sensitivity , 2010 - 2022

目に見えるもの
耳から聞こえてくるいろいろな音
いろいろなにおい
どれもこれもぼくの肌とあたまにヒリヒリとさわる

どうしよう
どうしよう

ぼくは体育館のラインの上をひたすらに走った
空を見てくるくるまわった
ものすごい小さい一点を見つづけた
扉を開け閉めしつづけた

ぼくはぼくが好きな景色と同じものになって その中にかくれたら
無感覚になる気がしていた