それぞれに味わったやり切れないきもち

Sensitivity , 2010 - 2022

スーパーでおかあさんが「かいけい」してる間
ほくはちょっと離れたところですわってまっていた

おじいさんにしかられた
ぼくはみうごきできなかった
見ていたおばあさんもたまりかねたように怒りだした
ぼくのまわりにひとが集まってきた

おかあさんが走ってきた
おかあさんはあやまってた
そして集まってきたひとたちにぼくのことを「おはなしができない」とか「ことばがわからない」とか言った

ぼくはおかあさんのことばはわかる
ひどいよおかあさん
かなしいような怒りたいようなきもちで おかあさんがほかの人と話すのをぼくは聞いている

おかあさんのを話を聞いて怒っていたおばあさんは 集まったひとたちに「だってさ」と言った

おかあさんもかなしいような怒りたいようなきもちでいる
ぼくの手をにぎる手からそれが伝わってくる
ぼくはおかあさんを見た
おかあさんは「おまたせ ごめんね」とだけ言った

きもちは晴れない